黒岩 祐治
神奈川県知事

新年のご挨拶

神奈川県知事 黒岩 祐治

 明けましておめでとうございます。
 新型コロナウイルスとの闘いが続く中、異例づくしの新年となりました。例年のようなお正月らしいお祝いができなくなってしまった方も大勢いらっしゃることでしょう。中でも、年末年始も関係なく、コロナ治療の最前線で闘い続けてくださっている医療関係者の皆さんに、改めて心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
 感染拡大防止のため、県民の皆様にさまざまなお願いをしてきましたが、ご協力いただいてきたことにお礼を申し上げます。残念ながら、未だ収束のメドが立たない状況ではありますが、ワクチン開発や特効薬のニュースも散見されるようになりました。希望を持って、この難局を乗り越えていきたいと思います。
 さて、今年は、昨年延期が決まった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が本番を迎えます。神奈川県ではセーリング、野球・ソフトボール、サッカー、自転車のロードレースが開かれます。開催の夏には、コロナ禍が収束していると信じて、皆さんと心を一つにして、世界中が注目するような素晴らしい大会に盛り上げていきましょう。昨年11月には横浜スタジアムに収容人数の86%ものお客様に入っていただき、最新技術を駆使して密を避けるという技術実証も行いました。オリパラ成功への貴重な一歩を踏み出せたと思います。
 また、コロナ禍で私たちの生活は一変しましたが、マイナス面ばかりではありません。これまでなかなか進まなかった“改革”が一気に前進した側面もたくさんありました。神奈川県は全国一、通勤時間の長い都道府県でしたが、今や、リモートワークは当たり前の時代になりました。働く(WORK)と余暇(VACATION)が一体となったワーケーションなども、普及してきています。以前からアピールしてきた「ちょこっと田舎、オシャレな神奈川ライフ」という移住促進策も、三浦半島や県西地域などで具体の成果につながり始めています。
 昨年10月、神奈川県の新型コロナウイルスへの対応は先進的な取り組みであるとして、第8回プラチナ大賞を受賞しました。県庁職員が一丸となり、議会や市町村の皆様と一体となって取り組んできたことが第三者から高く評価されてたいへん嬉しく思っています。この賞に恥じないよう、今年もウィズコロナ、アフターコロナの時代を神奈川から切り拓いていくことをお誓いし、新年のあいさつとさせていただきます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の皆様におかれましても、ものづくり産業を支える人材の育成や技能振興の側面からご支援とご協力を賜りますとともに、引き続き、県政への温かいお力添えをお願い申し上げます。


齋藤 貫
神奈川県県土整備局都市部都市整備課長

新年のご挨拶

神奈川県県土整備局都市部都市整備課長 齋藤 貫

 新年明けましておめでとうございます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の会員の皆様方におかれましては、新たな抱負と願いを胸に、新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 また、日頃の貴協会の屋外広告物の適正化や安全性の向上に対する取組みにつきまして、改めて深く感謝申し上げます。
 昨年は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行というこれまでに誰も経験したことのない困難な状況下で、多くの人々が不安を抱えて過ごす一年となりました。新たな年を迎え、一刻も早い終息を願うばかりです。
 新型コロナウイルス感染症の影響により、昨年は様々なイベントが中止や延期となりましたが、違反屋外広告物の除却や屋外広告物制度の普及啓発を目的として毎年実施している「屋外広告物適正化キャンペーン」につきましては、県内の多くの市町村、土木事務所において、例年より規模を縮小するなど工夫をしながら実施をいたしました。良好な景観の形成、風致の維持及び屋外広告物の事故防止のため、今年も引き続きキャンペーン等を通して事業者の意識向上に努めてまいります。
 今年の夏には、昨年延期となった東京2020オリンピック・パラリンピックの開催も予定されており、本県にも国内外から多くの来訪者が見込まれます。神奈川の魅力をより多くの人に発信し、美しい都市景観を形成するうえでも屋外広告物は重要な役割を担っておりますので、ぜひ貴協会の皆様のお力添えをいただきたいと存じます。
 最後になりましたが、貴協会の益々の御発展並びに会員の皆様のご健勝とご多幸を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。


吉田 和重
横浜市都市整備局景観調整課

新年のご挨拶

横浜市都市整備局景観調整課 吉田 和重

 新年あけましておめでとうございます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の皆様におかれましては、新たな抱負を胸に新春をお迎えのことと謹んでお慶び申し上げます。また、日頃より本市の屋外広告物行政につきまして、多大な御理解と御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 昨年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、「三密」を避けるなど、新しい生活様式の実践を求められ、大きな変化の年であったと感じています。本市で行っている屋外広告物の許可業務においても、人と人との接触を可能な限り避けるため、郵送での申請書受付を推進するなど対策を講じてきました。新型コロナウイルス感染症の1日も早い終息を願うとともに、引き続き屋外広告物行政に尽力して参る所存です。
 さて、本市では平成30年度より貴協会の皆様に御協力を賜りながら「屋外広告物の安全点検まち歩き」を実施しています。実際に市内商店街を歩き、普段見落としがちな看板の安全上のチェックポイントや、日頃の点検方法を商店街の方々にお伝えさせていただいています。「とても参考になる」と好評を博していることに加え、実際に危険な看板を修繕していただいた商店街もあり、屋外広告物の安全性向上につながっていると実感しているとともに、貴協会の皆様の御協力に改めて感謝申し上げます。昨年は例年よりも多い8つの商店街にご応募いただき、現在まち歩きを順次実施しているところです。本年も引き続き市内の屋外広告物の安全性向上のための取組を進めて参ります。
 また、本市では屋外広告物を活用した「良好な景観の形成」も重要であると考えており、機能性やデザイン性が高く、横浜の魅力ある景観をつくる広告物を「横浜サイン」と呼び、その普及啓発に取組んでいます。昨年は「サインを通した魅力ある景観づくり」をテーマにパネル展を開催し、のべ千人の方にご来場いただくことができました。本年の2月27日の土曜日には、横浜市役所にて、横浜サインに関するフォーラムの開催も予定しています。看板を通した「良好な景観の形成」についても、今後とも皆様のお力添えをお願い申し上げます。
 最後になりましたが、貴協会の益々の御発展と会員の皆様の御多幸を心よりお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。


柿沼 雅之
川崎市建設緑政局道路管理部 路政課長

新年の御挨拶

川崎市建設緑政局道路管理部 路政課長 柿沼 雅之

 新年明けましておめでとうございます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の会員の皆様におかれましては、新たな抱負を胸につつがなく新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 また、日頃から本市の屋外広告物行政に対しまして深い御理解と御協力を賜っておりますことを厚く御礼申し上げます。
 さて、一昨年から実施しておりました川崎駅周辺地区における公共空間を活用した広告事業の社会実験については、新型コロナウイルス感染症の影響により期間を延長しておりましたが、昨年末から本格実施を開始いたしました。当事業により、まちのにぎわい創出や駅周辺の更なる商業活性を図ってまいります。
 また、昨年は幸い台風の上陸はありませんでしたが、依然台風や強風による屋外広告物の落下・倒壊事故は全国的な課題となっています。本市では、昨年4月に、安全点検対象の拡大や点検項目の細分化等、安全対策の強化を図る規則改正を行いました。許可申請をされる皆様には御負担をおかけしておりますが、引き続き御理解と御協力をいただき、屋外広告物の安全対策を実施してまいります。また、屋外広告物適正化旬間にあわせたキャンペーンの一環として、昨年も貴協会には安全点検に関する講演及び川崎市内商店街との合同パトロールでの目視点検を行っていただきました。屋外広告物の適正化と安全管理の向上に御協力いただいたことに、あらためて感謝を申し上げます。
 今年は、延期となっていたオリンピック・パラリンピックが開催される予定です。新型コロナウイルス感染症の状況次第ではございますが、国内外から多くの方が訪れることが予想されますので、より一層魅力あるまちづくり及び屋外広告物の安全管理の徹底に尽力していく所存です。
 最後になりましたが、貴協会のますますの御発展と会員の皆様の御繁栄、御健康を心よりお祈りいたしまして、新年の御挨拶とさせていただきます。


小形 誠司
相模原市都市建設局まちづくり計画部 建築・住まい政策課 課長

新年の御挨拶

相模原市都市建設局まちづくり計画部 建築・住まい政策課 課長 小形 誠司

 明けましておめでとうございます。
 日頃より本市の屋外広告物行政に御理解と御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 現在、新型コロナウイルス感染症対策や地域経済対策等の緊急性の高い業務を優先して実施しており、会議やイベントの開催中止など、業務の進め方に新たな手法や工夫が求められています。
 そのような中で、安全・安心なまちづくりの更なる推進を図るため、今年度から新たに、NPO法人建築文化研究会との協働により、落下・倒壊のおそれのある屋外広告物や危険なブロック塀の安全対策の促進に取り組んでいます。私たちの暮らしの身近にある屋外広告物やブロック塀は、設置者自らの適切な維持管理が必要であることから、安全点検の必要性について駅周辺地域を中心に周知を図るとともに危険箇所を把握し、設置者へ連絡し改善につなげています。
また、台風直前情報として、看板などが風に飛ばされないように固定するなどの注意喚起をSNS等により発信し、安全の確保に向け取り組んでいます。
本市では、市民桜まつりなどで多くの人々でにぎわう「市役所前さくら通り地区」を本市初となる景観形成重点地区に指定するため、自治会や商店街、地域にお住まいの方たちと取り組んでおり、本年6月に指定を予定しています。地区全体の方針を「集い、くつろぎ、訪れたくなる さくら並木の景観を育てる」として、にぎわいを演出し、地域の魅力を高める屋外広告物や建築物等のルールを定め、桜並木がつくる景観を次代に引き継いでいきたいと考えております。
今後とも、屋外広告物の安全管理の啓発や良好な景観形成の推進に努めてまいりますので、引き続き温かいお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが、貴協会のますますの御発展と、会員の皆様の御活躍と御健勝を心よりお祈りいたしまして、新年の御挨拶とさせていただきます。


末廣 芳和
一般社団法人神奈川県広告美術協会会長

新年のご挨拶

一般社団法人神奈川県広告美術協会会長 末廣 芳和

 新年明けましておめでとうございます。
 日頃は神広美の活動に多大なるご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 このコロナ禍において、困難な状況に見舞われている会員事業所もあろうかと思います。
テレビをつけてもニュースは感染者、死亡者の増加の話題、店舗の撤退、外出自粛、移動制限、と暗いニュースばかりです。自分自身が怖いのは、そんな日常に慣れてしまっていることです。
 明るい話題は、薬品大手がかなりのスピードでワクチンを開発し、数か国で投与されはじめたことですが、副作用がないことを祈るばかりです。また、一昨年大型台風被害に見舞われた関東でも昨年は台風の上陸がなかったことは幸いでした。ただ、年々気温上昇することでの台風の大型化、懸念されている大地震の発生など、自然災害に対する備えは非常に重要となってきます。
 今年度も、横浜市では商店街の安全点検まち歩きをおこなっておりますが、昨年と大きく違いは空き店舗が増えていることです。そこで懸念されるのが「残された危険な看板」です。お店をやむなく閉める経営者に看板撤去や原状回復する余裕などあろうはずもなくそのまま残ります。ビルのオーナーも家賃収入がなくなるため次の借りる方までやはりそのままの状態になってしまうという負のスパイラル。私たちの業界でどのようにお役に立てるのかまだわかりませんが、行政と連携して安心安全な社会を目指していきたいと思います。
 さて、私自身新しい取り組みとしまして今回広告面ペイント仕上げ技能検定2級を受検することにしました。広告面ペイント仕上げの技能検定は受検者が減少し、最近では3年に一度程度の開催となっていました。しかし、ペイントの門戸を広げるため3級創設の申請をしたところ、「まず1,2級の受検者を増やすこと」との厚生労働省からのお達しで、今回全国で30名以上の受検を目標に、ということで私も受検を申請した次第です。古くても残していきたい技術として、看板の原点である「文字書き」をもう一度考えるそんな気持ちを持ち始めたのかもしれません。「字」には特徴があり、どなたの作品かわかると言われています。年齢によって、若いときは勢いのある文字が、段々年齢ともに文字も角がとれ変化していく人間と同じと、当協会の長老も話されていました。
 今年は様々なイベント・理事会も7月までは中止となってしまいそれ以降、ぽつりぽつり大きな会場をかりてソーシャルディスタンスを遵守して理事会を開催しました。やはり、顔を見るだけで元気をいただけ勇気づけられました。
 10月には新潟県、11月には滋賀県、京都府の安全に関する講演会に講師として呼んでいただきました。
 いまだ 先の見えないときですが 繋がりをもって乗り切りましょう。
社会に必要な、素敵な街づくりをするためにも益々安全で素敵な屋外広告、看板は重要です。
本年も官民合同勉強会、横浜サイン展、商店街安全パトロールのほか、看板を通じての社会貢献、青年部合同によるレクリエーション、新しい時代に変化する企画を期待しております。
 会長に就任してから毎年継続目標でございますが本年は今までよりさらに力強く「サインを通じての社会貢献」「美しい景観の維持推進」「優れた人材の育成」「屋外広告物の安全への取り組み」「広告物工事業を30番目の業種に」を目標に活動してまいります。
 最後に、皆様のご健康とご多幸を祈念いたしまして、新年のご挨拶といたします。