黒岩 祐治
神奈川県知事

新年のご挨拶

神奈川県知事 黒岩 祐治

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、年初の緊急事態宣言の発出に始まり、新型コロナウイルスとの闘いの連続でした。この間、県民、事業者の皆様には、外出自粛や営業時間短縮などの要請を繰り返すことになり、大変心苦しい限りでありましたが、皆様のご協力とワクチン接種が進んだことで、秋以降は感染者が激減し、病床のひっ迫も大きく改善しています。皆様のご協力に深く感謝申し上げます。
 しかし、新たな変異ウイルス「オミクロン株」への懸念もあります。決して油断することなく、基本的な感染防止対策の徹底を引き続きお願いいたします。
 今後は3回目のワクチン接種が進み、経口薬の実用化・普及も見込まれています。医療提供体制も、第5波の2割増しの入院者数にも対応できるよう強化しています。これらによって、感染や重症化のリスクは抑制されますし、病床ひっ迫もこれまでよりも生じにくくなります。2年間にわたる「闘い」を経て、コロナとの向き合い方は「共存」へと変わりつつあります。
 一方、長いコロナ禍においては様々な制約がありましたが、そうした制約があったからこそ、一気に進んだこともありました。テレワークやリモート会議は、新たな働き方として定着しました。行政の分野でも押印が廃止され、オンライン申請やキャッシュレス決済が急速に進んでいます。これらはいずれもデジタルの力によるものです。
 こうした流れを加速させ、デジタルの力を様々な分野で活用していくことで、今までとは全く違った世界が見えてくるのではないでしょうか。
 コロナと共存する中で、デジタルの力も駆使しながら、コロナ前よりも素晴らしい「新たな日常」を、県民の皆様とともに切り拓いていく。今年は、そうした明るい1年にしたいと思います。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の皆様におかれましても、ものづくり産業を支える人材の育成や技能振興へのご支援とご協力を賜りますとともに、引き続き、県政への温かいお力添えをお願い申し上げます。
 新しい年が皆様にとってより良い年となりますよう、心からお祈り申し上げ、新年のあいさつといたします。


齋藤 貫
神奈川県県土整備局都市部都市整備課長

新年のご挨拶

神奈川県県土整備局都市部都市整備課長 齋藤 貫

 新年明けましておめでとうございます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の会員の皆様方におかれましては、新たな抱負と願いを胸に、新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 また、日頃の貴協会の屋外広告物の適正化や安全性の向上に対する取組みにつきまして、改めて深く感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症の影響により、昨年も様々なイベントが中止や延期となりましたが、昨夏には東京2020オリンピック・パラリンピック大会も無事に開催されました。新しい年を迎え、一日も早く感染症が終息することを願ってやみません。
 さて、本県の屋外広告物行政につきましては、昨年も屋外広告物の除却や屋外広告物制度の普及啓発を目的として、「屋外広告物適正化キャンペーン」を県内の多くの市町村、土木事務所において例年より規模を縮小するなど工夫をしながら実施をいたしました。良好な景観の形成、風致の維持及び屋外広告物の事故防止のため、今年も引き続きキャンペーン等を通して事業者の意識向上に努めてまいります。
 豊かな自然や歴史・文化に育まれた街なみなど、多彩な神奈川の魅力をより多くの人に発信し、美しい都市景観を形成するうえでも屋外広告物は重要な役割を担っておりますので、ぜひ引き続き貴協会の皆様のお力添えをいただきたいと存じます。
 最後になりましたが、貴協会の益々の御発展並びに会員の皆様のご健勝とご多幸を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。


吉田 和重
横浜市都市整備局景観調整課

新年のご挨拶

横浜市都市整備局景観調整課 吉田 和重

 新年あけましておめでとうございます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の皆様におかれましては、新たな抱負を胸に新春をお迎えのことと謹んでお慶び申し上げます。また、日頃より横浜市の屋外広告物行政につきまして、多大な御理解と御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、横浜市では、まちの賑わいをつくる屋外広告物の規制緩和などを行うため、昨年10月に屋外広告物条例を改正しました。具体的には、イベント時など期間が限られ掲出される屋外広告物については、市長と協議基準に基づく協議をすることで許可があったものとみなすとともに、従来の大きさの基準等を大幅に緩和するものです。これにより、みなとみらい地区をはじめとする横浜の都心臨海部などにおいて、大きなビルに映像を映すプロジェクションマッピングや、大型モニュメント等の設置が可能となります。また、屋外広告物の安全性をより向上させるため、屋外広告物の点検や維持管理主任者の設置の義務化についても新たに条例に盛り込みました。これらの条例改正にあたっては、貴協会の末廣会長をはじめ、関係の皆様方からご意見をいただくことで、検討を円滑に進めることができました。改めて感謝申し上げます。
 また、横浜市では屋外広告物を活用した良好な景観形成も重要であると考えており、機能性やデザイン性が高く、魅力ある景観をつくる広告物を「横浜サイン」と名付け、その普及啓発に取組んでいます。昨年は、このような広告物を表彰する「横浜サイン賞」の候補作品を5年振りに募集しました。12月には、一次審査を通過した作品を対象に「横浜サイン展」を横浜そごうの前の広場で行い、多くの市民の皆様に御来場をいただきました。本年の1月中に最終審査を行い、2月に行う「横浜サインフォーラム」の中で表彰式を行う予定です。貴協会の皆様方にはサイン展の実施等において、多大な御協力をいただきました。今後も、広告物を活用した良好な景観形成について、皆様のお力添えをお願い申し上げます。
 最後になりましたが、貴協会の益々の御発展と会員の皆様の御多幸を心よりお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。


柿沼 雅之
川崎市建設緑政局道路管理部 路政課長

新年の御挨拶

川崎市建設緑政局道路管理部 路政課長 柿沼 雅之

 新年明けましておめでとうございます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の会員の皆様におかれましては、新たな抱負を胸につつがなく新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 また、日頃から本市の屋外広告物行政に対しまして深い御理解と御協力を賜っておりますことを厚く御礼申し上げます。
 さて、新型コロナウイルス感染症については、初回の緊急事態宣言発令から既に2年近くが経過し、大きく変容した国民の生活様式も定着しつつあるように感じます。企業広告についても、外出自粛ムードの中にあって、インターネットやSNSを利用したものが増えているように思います。しかし一方で、屋外に設置される広告物が減少する様子は見られず、広告の種類にしても、技術の進歩や屋外広告物の規制緩和により、デジタルサイネージや車体利用広告などがより多くなっており、コロナ禍においても活発な広告活動が行われているように感じます。本市においても、一般の乗用車に企業広告を掲出し、走行情報から広告効果をAIで可視化するビジネスモデルが、昨年度のかわさき起業家オーディションで入賞し、年内に事業が開始されています。
 また昨今では、行政のデジタルトランスフォーメーションが求められているところですが、本市におきましても、屋外広告物許可及び屋外広告業に関する手続について、押印を廃止した上で、オンラインによる申請を可能としました。今後は、利便性向上やペーパーレスを推進するため、これらの手続についてオンラインによる申請をお願いしたいと考えています。
 貴協会におかれては、例年、屋外広告物適正化旬間に合わせ、本市において安全点検に関する講演及び市内商店街との合同パトロールでの目視点検を行っていただいておりました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の感染状況を考慮し、開催を見送りましたが、今後も本市の屋外広告物の適正化と安全管理の向上に御協力いただければ幸いです。
 最後になりましたが、貴協会のますますの御発展と会員の皆様の御繁栄、御健康を心よりお祈りいたしまして、新年の御挨拶とさせていただきます。


森 英紀
相模原市都市建設局まちづくり推進部 建築・住まい政策課 課長

新年の御挨拶

相模原市都市建設局まちづくり推進部 建築・住まい政策課 課長 森 英紀

 明けましておめでとうございます。
 一般社団法人神奈川県広告美術協会の会員の皆様におかれましては、幸多き新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 また、日頃より本市の屋外広告物行政に御理解と御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
現在、本市では新型コロナウイルス感染症の拡大の抑制を図るため、業務継続計画を徹底し、業務の精査・見直しを行っております。
 そのような中、引き続き安全・安心なまちづくりの更なる推進を図る必要があることから、屋外広告物の安全性確保、屋外広告物制度の普及啓発のため、屋外広告物の日キャンペーンにおける貴協会との連携による横断幕やポスターの掲示を始め、様々な媒体による周知に取り組んでいるところでございます。
 また、本市では、市民桜まつりなどで多くの人々でにぎわう「市役所前さくら通り地区」を昨年5月14日に本市初となる景観形成重点地区に指定し、本年1月1日から施行いたします。本地区の桜並木は景観重要樹木に指定しており、市を代表する景観の一つです。地区全体の方針を「集い、くつろぎ、訪れたくなる さくら並木の景観を育てる」として、桜並木と沿道の地域の魅力を高める屋外広告物や建築物等がつくる景観を将来にわたり大切に育むことにより、地域住民や市民が桜並木の下に集い、くつろぐとともに、市外からも訪れたくなるような景観づくりに取り組みます。
 今後とも、屋外広告物の安全管理の啓発や良好な景観形成の推進に努めてまいりますので、引き続き温かいお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが、貴協会のますますの御発展と、会員の皆様の御活躍と御健勝を心よりお祈りいたしまして、新年の御挨拶とさせていただきます。


末廣 芳和
一般社団法人神奈川県広告美術協会会長

新年のご挨拶

一般社団法人神奈川県広告美術協会会長 末廣 芳和

 新年明けましておめでとうございます。
 日頃は神広美の活動に多大なるご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 会員の皆様、これほどの永い期間いろいろな規制や制約の世の中で事業を営んで行くことが難しい時代はかつてあったでしょうか?
 私が小中学生の時に「第一次オイルショック、第二次オイルショック」がありました。当時、チョコレートに50円の表示がしてありましたが一週間のうちに70円から100円と毎日値段が上がっていくのです。そのほか古いテレビ映像を見ると出てきますがトイレットペーパーの取り合いでわれ先へとスーパーマーケットになだれ込む人々が映っています。今では珍しいことですがオイルショック前、新車が納車されるときは「満タン」が当たり前でした。それはこの時代にアラブ諸国とイスラエルの間で第四次中東戦争が起きて原油価格が4倍に上昇して消費者物価が20%を超えるインフレが起こってしまったからなのです。当時の流行語が「省エネルギー・省資源」で、燃料費の高騰によって都内のネオンサインは一斉に消えてしまい、夜の銀座はガス灯のほのかな夜景が照らされるとても暗いさびしい街並みになりました。
 私の父はネオン工事を専門職にしており、大手ネオン製作会社の下請でしたのでその日から2年近く仕事が全くなくなりました。その時は食べていくのに大変苦労しました。今、とてもよく似ている部分があるように感じます。
 中にはほんの一握りではありますが、時代背景にピッタリとあった仕事によりものすごい躍進をされた企業や関連会社もあると思います。しかしその他ほとんどの企業は大変ご苦労されたことだと思います。職種によっては廃業、倒産に追い込まれたり、人々の生活習慣が変ったことにより外出の頻度が極端に減少したり、小さなお子様をおもちの家庭では学校がお休みのために仕事を休まなくてはいけなかったり、「生きるのがいやになった」人々が大勢いたでしょう。
 私も子供の頃つらかった、しかし私の会社もなんとかやって来られたから、今、この様に新年の挨拶文書が書けるのです。
 どんな時代でも「生きる力」で乗り越える「智恵」を誰もが備えているのです。
 昨年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されて日本はメダルラッシュに沸きました。 「おもてなし」で東京2020が決定したときには私も映画「三丁目の夕日」のように日本でオリンピック・パラリンピックが開催されるワクワク感があり「横浜のお隣でもあるので旅費や交通費もかからないので助かりますね」、「どの様な競技のチケットを購入しようか」と当時は色々と考えておりました。しかしながら残念だったのが新型コロナウイルス感染を防止する為にチケットの払い戻しが行われ、選手の姿をまぢかで観戦できなかったことでしょうか。
 2021年は年明けから感染者の数が夏まで下がらない状況が続いていたので、理事会や様々な行事が中止となってしまい、会員の皆様にも会えませんでした。10月から12月は全国の感染者数も減少し、理事会は開催することができました。

 昨年7月、関東地区屋外広告業組合連合会会長を拝命いたしました。地区連会長としての初めての行事が第54回関東地区連広告美術コンクールであり、今回の課題は「新型コロナウイルス」でした。109点の作品をひとつひとつ拝見して製作したかたの想いや感情、希望が作品にとても素晴らしく刻まれており、大変感動し、感謝しております。ありがとうございました。また今回、城南職業能力開発センター大田校広告美術科のご協力もあり、生徒の作品も展示して頂きこれからのサイン業界の将来がとても楽しみで期待しております。
 地球全体を巻き込んだ新型コロナウイルスは今も尚変異を続けていますが、現代医学の結集により日々治療法が研究されておりますので、近い将来にはマスクの必要性も限定される世の中になると思っております。
 私たちの仕事は世の中を明るく照らすサインであり、それは私たちの希望でもあります。社会に必要な、素敵な街づくりをするためにも安全で素敵な屋外広告看板をめざします。
 本年も官民合同勉強会、横浜サイン展、商店街安全パトロールのほか、看板を通じての社会貢献、青年部合同によるレクリエーション、新しい時代とともに変化する企画を展開していきたいと思います。
 会長に就任してから本年で10年になりますが、毎年継続の目標がございます。
 「サインを通じての社会貢献」「美しい景観の維持推進」「優れた人材の育成」「屋外広告物の安全への取り組み」「広告物工事業を30番目の業種に」を目標に活動してまいります。
 最後に、皆様のご健康とご多幸を祈念いたしまして、新年のご挨拶といたします。